近現代の日本を作り上げた経済の巨人の生涯を活写!

学研まんがNEW日本の伝記『渋沢栄一』
大石学監修、絢前ゆうた漫画/菊判・120ページ/本体価格1200円

 

2024年から新しい紙幣に切り替わる。新しく1万円札の肖像を務めるのは「渋沢栄一」。日本史の偉人の中で、最も我々の生活に影響を与えている人物だ。幕末に世界を知り、初めての銀行をつくり、設立・経営にかかわった会社は500を超え、福祉や国際親善にも尽くした人物である。本書は彼の91年の生涯のクライマックスシーンを厳選して描いている。2021年の大河ドラマの主人公にも選ばれた彼の人生を、ドラマを見る前に、また見ながら合わせて読んでほしい。

▲一橋家の家臣として、領地に兵を集めに行った栄一だったが、うまくいかず…。その原因は?

 

▲幕府の一員としてパリ万博に参加するためフランスに赴く栄一。見るものすべてが彼を驚かせる

 

詳しい情報はこちら