体のつくりが、見て・さわって・動かしてわかる!人体骨格模型の決定版

 

科学と学習PRESENTS
『人体骨格ミュージアム 光る1/6骨格模型』

坂井建雄監修、学研プラス編・著/B5判変型/本体価格1800円

人体骨格模型は、1973年に「科学」の付録として登場して以来、学研の科学教材の定番人気商品である。その骨格模型が、このたび『人体骨格ミュージアム』として装いを新たに登場する。暗闇で光る、さまざまなポーズをつくれるなど、子どもたちに大人気の特徴はそのままに、今回の改訂では骨格模型にぴったり収まる内臓フィルムと、骨格と同縮尺の筋肉パネルがついてくる。これらを並べて飾れば、骨から内臓、筋肉まで、体のつくりがひと目でわかる、人体骨格博物館ができあがる。ぜひ部屋に飾って、親子で人体の造形を楽しんでほしい。

 

▲内臓と骨格との位置関係がよくわかる内臓フィルム

 

▲骨格模型に内臓フィルムをセットして筋肉パネルと並べれば、人体のつくりがひと目でわかる!

 

▲暗いところで光る!好きなポーズがとれる!

 

詳しい情報はこちら