おいしい水って、どんな水?『おいしい水を調べよう』

おいしい水を調べよう

自由研究おたすけキット『おいしい水を調べよう』

山田一裕監修、学研プラス編/B6判変型・16ページ/本体1200円+税

 

国が示している「おいしい水」の条件は7項目あるが、そのうちこのキットでは、「軟水であること」「残留塩素(カルキ)がほとんどないこと」「中性であること」の3つについて調べられる。付属の薬品を水道水やミネラルウォーターなどに入れると瞬時に色が変わるので、目で見て“おいしさ”が判別可能。
身近な飲料水にもさまざまな性質があることがわかり、水の安全性について考えるきっかけにもなる。「まとめ方の実例レポート」つきだから、宿題提出用のレポートもらくらく完成。

おいしい水を調べよう

 

おいしい水を調べよう
▲水の硬度を比色表で判定

 

おいしい水を調べよう
▲酸アルカリの度合いを測定

 

詳しい情報はこちら