TOP > 白書シリーズWeb版 > 小学生白書 > 2018年9月調査

白書シリーズWeb版

小学生白書Web版 2018年9月調査

【調査テーマ】「小学生の日常生活・学習・自由研究等に関する調査」

9.習い事について
【保護者】子どもに習わせたいもの
★人気が復活。1年生の親が習わせたいのは「そろばん」

【図45】お子さまに、(今は習わせていないが)習わせたいと思っている習い事はありますか。(複数回答可)

↑クリックすると大きな図が見られます

保護者が習わせたいと思っているが、実際は習わせていない習い事で最も多かった回答は、「英語塾・英会話教室」(16.1%)となった。「習い事」の調査では5位であったが、英語は2020年度から5、6年生で正式に教科化するためか、学ばせたいと考える保護者の割合は依然として高い。また同様に、前年度の調査では全体ランキングの8位であった「プログラミング」(4.5%)は6位(6.4%)に上昇している。プログラミング教育も2020年度より小学校で必修となるため、注目が高まっている可能性が考えられる。

小学1年生の保護者では、男女共に「そろばん」が1位となっている。実際に「学校以外で行っている習い事」でも7位にランクインしており、計算力だけでなく、暗記力や集中力を高める「そろばん」の人気が復活しているようだ。一方で、43.3%もの保護者が、「習わせたいものはない」と回答している。