TOP > 白書シリーズWeb版 > 小学生白書 > 2018年9月調査

白書シリーズWeb版

小学生白書Web版 2018年9月調査

【調査テーマ】「小学生の日常生活・学習・自由研究等に関する調査」

9.習い事について
習い事
★小学校高学年は2人に1人が塾に通う

【図44】学校以外で行っている習い事はありますか。(複数回答可)

↑クリックすると大きな図が見られます

2017年まで一番人気であった習い事「水泳」をおさえ、2018年1位になった習い事とは何だろうか。

小学生の82.8%、ほぼ5人に4人は何らかの習い事をしており、2017年度の調査より4.3%上昇した。前年まで一番人気であった「水泳」(30.6%)をおさえ、「受験のための塾・学校の補習のための塾」が1位(44.5%)という結果となった。「塾」に通う子どもは、学年が上がるにつれて上昇し、1年生で37.0%であるのに対し、6年生で52.5%となった。高学年では男女共に2人に1人が塾に通っていることが分かる。

2位は「水泳」(30.6%)で、昨年に続き、男女共に人気が高い。体を動かす習い事の中では、「水泳」に次いで男子は「サッカー」が、女子は「ダンス」の人気が高かった。3位「通信教育」(25.8%)は、前年の5位(11.0%)から大きく上昇した。4位の「音楽教室(ピアノなど)」は、特に女子に人気があり、小学3〜5年生では4人に1人が通っている。

(「通信教育」「学習塾・教室」については、「利用している学習サービス」の項を参照。)