月5日(金)にリニューアルを行ったGakkenニューブロック。
学研社員のお子さんに実際に体験してもらった様子をレポートします。初めてGakkenニューブロックとふれあった2人の、想像力が大爆発している様子をご覧ください!

今回Gakkenニューブロックで遊んでもらったのは、学研ホールディングス・デジタル戦略本部所属の山内秀樹(やまうち・ひでき)さんのお子さん、4歳の一樹くんと2歳の祐樹くんです。


鉄道が大好き! しっかり者の長男の一樹くん

お父さんとそっくり。やんちゃな次男の祐樹くん

Gakkenニューブロックの対象年齢ではないので、今回は特別参加! 三男の陽樹(はるき)くん・0歳

今回2人に遊んでもらうのは・・・

手指を使うことに興味を持ちはじめたお子さんが楽しく遊べる工夫がいっぱいの「はじめようパック」
指先を使って回すお花や、目がくるくる回る楽しいブロック、ゾウ・キリン・ヒツジのかわいい動物パーツ、のりもの大好きなお子さんにぴったりの車輪パーツ入り!
最初はつなぐ・転がす・回す。次のステップで組む・ごっこ遊びをするというように遊びのステップアップが実感できるセット内容になっています。
詳細:公式オンラインショップ

はじめようパック セット内容

他社のブロックおもちゃでは遊んだ経験のある2人、果たしてGakkenニューブロックは楽しんでくれるでしょうか!?

Gakkenニューブロックとこんにちは!


見せた瞬間、「ブロック?遊びたい!!」と目をキラキラさせた次男の祐樹くん。
すぐに袋をあけて、はじめて見る不思議な形のパーツに興味いっぱい。
その様子に気づいた、お兄ちゃんの一樹くんがやってきて早速、兄弟で取り合いに・・・。

説明書もきちんとチェック!

ひとしきり取り合いがおさまった後は、それぞれ思い思いに遊びだす二人。どんな作品ができるかな?

何ができるかな? 遊びながら想像力がフル回転!


車輪パーツが気に入った祐樹くん、念入りに観察。
しばらくパーツを研究した結果、組み合わせて立派な3つの電車が完成! 初めてとは思えない使いこなしです。


一樹くんは、かわいい動物パーツに夢中、ブロックと人の形のパーツと組み合わせてミニ動物園を完成させました。アイデアがすごい!
何やら深く考えこんでいる一樹くん。どうしたのかと思ったら・・・こんなに立派な連結列車ができました!考える力も身に付きます。

兄弟で仲良く遊べます&お子さんに安心・安全

お兄ちゃんがつくったミニ動物園がとても気になる祐樹くんは、自分の作った電車で動物園にダッシュ!


年齢はちがっても、おたがいが作る作品同士を組み合わせて兄弟で仲良く遊べる点もGakkenニューブロックのポイントです。
Gakkenニューブロックの対象年齢は、1.5歳から。
★お子さんの手にちょうどよい大きさで、間違って飲み込めないサイズ
★空気でふくらませて作ったやわらかいプラスチックブロックなので、万が一人がふんでも痛くなく、軽くて安全
★よごれてもキレイにできるので、いつでも清潔。保護者の方もいつでも安心に遊んでいただけます!
お母さんが見守っている中で特別参加の陽樹くんは、キレイな色のお花パーツがお気に入り。

最後に、Gakkenニューブロックで遊んでもらった感想を山内さんに聞いてみました。

私の母が昔で言う「学研のおばちゃん」だった関係で、子どもの頃からニューブロックで遊んでいましたが、私自身は学研に入社するまで、ニューブロックが学研商品とは知りませんでした。

今回、子どもたちが遊んでいる姿を見て想像力を活かしていろいろなものを作ったり、他に持っているおもちゃと組合せて遊んだりと、飽きずにずっと楽しめるブロックだと思いました。対象年齢が幅広く、兄弟が一緒に遊べるのも良い点ですね。

今後はもっとパーツを増やして、2人が想像したものが、もっといろいろ作れるようにしてあげたいと思いました。

ぜひ、色々な方に遊んでいただきたいブロックです!

Gakkenニューブロックで遊んでみませんか? リニューアル記念キャンペーン!

マナビスタでは、Gakkenニューブロックのリニューアルを記念して、「Gakkenニューブロックリニューアル記念!サンプリングキャンペーン」を開催中! お子さまとGakkenニューブロックとの初めての出会いにぴったりな6ピースセットが先着500名様に当たります。ぜひご応募ください!

応募条件等、詳細はこちらをごらんください。