Now Loading...

えほんとてあそび

5歳には想像力が育つ絵本を選ぼう! 読み聞かせにオススメの絵本5選

5歳には想像力が育つ絵本を選ぼう! 読み聞かせにオススメの絵本5選

5歳の子どもをもつ保護者のみなさんは、「5歳におすすめの本を教えてほしい」「絵本をえらぶコツや読み聞かせの方法を知りたい!」と思っていませんか。5歳になるお子さんがいる場合、お子さんの発達を正しく理解し、それに合った絵本を選んであげることが大切です。

今回は「5歳児に合った本の選び方」や「読み聞かせをするときのポイント」などをわかりやすく解説します。最後に、もっといろいろ本を探したいという方に向けて、「学研出版サイト」の紹介もしていきますので、最後までぜひご覧ください。

目次

5歳児にはどんな本を選べばいい?

5歳児は小学校入学をすぐにひかえる大事な時期。だからこそ、お子さんがスムーズに入学できるように小学校の準備となる絵本を選ぶことが大切です。それをふまえて、読んであげたい絵本は3種類あります。その3種類とは

  1. 想像力が育つ本
  2. 心が豊かになる本
  3. 新しいことが学べる本

です。それぞれを詳しく解説していきます。

想像力が育つ本

5歳になったら、想像力が育まれる絵本を選んであげましょう。日常生活では起こらないアドベンチャーやファンタジーの世界に触れることで子どもの想像力はぐんぐん大きくなります。想像力とはイメージする力です。それがあることで、相手の気持ちや立場を理解することができ、コミュニケーション能力の向上にも役立ちます。

心が豊かになる絵本

年中・年長にあたる5歳の時期は、長いストーリーやメッセージ性のあるストーリーも理解できるようになる年齢です。そういった5歳児に向けて、人との関わり合いを通して登場人物が成長する物語を選ぶといいでしょう。また、家族の愛をテーマにするような、心が豊かになるハートフルな絵本もおすすめです。

新しいことを学べる絵本

お子さんは毎日新しい発見ができていますか? 自然や科学、動物の生態、日本の行事、漢字や数字など、新しいことを学べる絵本は子どもの知的好奇心を刺激します。絵本を楽しんでいるうちにどんどん知識を吸収することでき、「知る」楽しみを覚えていくことができます。子どもが夢中になるような絵本を選んであげたいですね。

5歳児に絵本を与えるメリット

5歳児への読み聞かせは、小学校に入学するための準備段階において効果があります。小学校での成績は正確に文章を把握する「国語力」がかぎを握っています。算数でも理科でも、教科書に書かれている内容を正しく理解する基礎力が備わっていることが大切です。そこで本格的に「学習」が始まる前に、文字に慣れ親しみながら学べる、絵本の読み聞かせがとても有効なのです。また、本や文字を身近に感じることができる経験は知育におけるメリットにもなります。

読み聞かせにぴったり! 5歳向けおすすめ絵本5選

ここからは「学研出版サイト」から厳選した、5歳児におすすめしたい絵本を5冊紹介します。先ほど紹介した3つのポイントを押さえたうえで、小学校入学前だからこそ読んでほしい本です。5歳のお子さんに合った本をお探しの方は、参考にしてみてください。

きょうふの おばけにんじん

アメリカで数々の賞に輝いた傑作絵本が日本にやってきました。お話のおもしろさはもちろんですが、絵の構図やデザインもとってもユニークです。今までとは少し違うテイストの本をお探しならおすすめですよ。少し怖くてホラーな世界がいつの間にかやみつきなります。A4・全32ページ。

にんじんが大好きなキャスパーは、おいしいにんじんが生えている秘密の畑を見つけてご満悦。しかし、ある日を境に、誰かの視線を感じるようになります。さらに、「キャロッ キャロッ キャロッ」という不気味な音も聞こえてくるように......。不安な状況に、キャスパーがとった行動とは? そしてまさかまさかの結末とは!?

どんぐりむらのどんぐりえん

「どんぐりむら」シリーズ第4弾となる今作は、史上最多登場キャラ&カラフル度Maxの盛りだくさんな一冊です。巻末のキャラ紹介ではどんぐりえんの全園児と家族を紹介しています。さらに、投げ込みの「どんぐり新聞」では、後日談やどんぐりむらのさまざまなキャラクターのエピソードを見ることができ、読んでいる子ども最後まであきずに楽しむことができます。A4・全32ページ。

どんぐりむらのどんぐりえんでは年に一度のお祭りが開かれようとしています。やさしくサポートしてくれる先生に見守られて、園児たちはのびのびとお祭りに向けて準備を進めます。登場人物たちのほっこりハートフルな関わりが見られるすてきな一冊です。

ひとりぼっち 

「ひとりの時間を尊重しながらも、友だちと過ごす良さも知ってほしい」という願いから生まれた絵本。クラスの中でひとりぼっちになりがちなはなちゃんですが、友だちのやさしさにふれて、だんだん心を開いていきます。無理をして友だちをつくるではなく、ごくごく自然に信頼関係ができていくことが一番ですよね。子どもだけでなく大人もきっと考えさせられる一冊です。A4・32ページ。

デザインを担当するのは、さまざまなコンテストでの受賞歴があり、ニューヨークを拠点に活躍するイラストレーターふるしょうようこさん。ひとりぼっちを好む少女の独特な世界観を花や植物を使ってうまく表現しています。

ディズニー おやすみまえの10のおはなし

ディズニー作品といえば、ロマンチックな愛の物語や兄弟や家族との友情や愛がテーマの作品が多いです。最近では人種や文化の多様性をテーマとした作品も制作しており、子どものころからディズニー作品に触れることはとてもいいことです。

この絵本は、そんなディズニーの大人気のキャラクターたちである、ミッキーやプーさん、アナと雪の女王2、トイ・ストーリー、カーズなどが登場します。作品数10話と豊富なので何度も読みたくなるお話に出会えるかもしれません。かわいいイラストたっぷりで、眠る前の読み聞かせにぴったりです。270㎜×210㎜、176ページ。

しょうがっこうがだいすき

発売前から日本テレビ系「スッキリ」、フジテレビ系「ノンストップ」ほか、多くのテレビ番組や新聞で取り上げられた話題の絵本。

著者のういさんはこの本を書き上げた当時、小学2年生でした。これから小学校に入学する子どもたちや、1年生になったばかりの子どもたちに向けたアドバイスをういさんなりに考えて書いたのです。

保護者にとって自分の子どもが小学校に入ることは心配ですが、それよりももっと、子ども自身が不安な気持ちをもっています。子ども目線で書かれたアドバイスなので理解しやすいです。いっしょに読んであげて、少しでも入学が楽しみになってくれるといいですね。A4、32ページ。

絵本読み聞かせるときの注意点

「絵本の読み聞かせは大切」とよく言われています。ですが、子どもに読み聞かせるときには、どのようなことに気をつければいいでしょうか。ここからは4つのポイントで注意点を解説していきます。これらのポイントを押さえて、読み聞かせで子どもの力を伸ばし、親子で楽しい時間を共有できるとよいですね。

読み聞かせの前に一度目を通す

絵本は読み聞かせのときに初めて内容を読むのではなく、読み聞かせる前に一度内容に目を通しておきましょう。5歳児向けの絵本になると、ストーリーが複雑なものや内容の長いお話が増えていきます。あらかじめ、事前に絵本の内容に目を通しておくことのメリットは、読み聞かせがスムーズになることです。また、物語の起承転結を前もって知っていれば、盛り上がる場所や特に聞かせたいところを把握することができます。

集中できる環境を作る

読み聞かせをするときには、子どもが絵本の世界により集中して入り込むために、環境づくりが重要となります。例えば、絵本に集中できる場所として、騒がしくなく静かなところを選んであげるといいでしょう。また、人通りが多いところやおもちゃが近くにないところで読み聞かせをしましょう。そして、絵本を読んでいる最中は、感想を求めたりしないようしてください。そうすることで、子どもは絵本により集中することができます。

子どものペースに合わせて読む

5歳の年齢になると、子どもの発達もさまざまで、それぞれの個性が出てきます。したがって、子どもが絵本の内容を聞き取れる速さや理解をするスピードもそれぞれ異なります。読み聞かせをしている最中も、子どもが本の内容を理解しているかどうか、その様子を確認することが大切です。もし、本の内容が難しそうであれば、読むスピードやめくるページを遅くしたりするなど工夫をしてあげましょう。

絵本を読む時間を決める

いつも絵本の読み聞かせをする時間は決まっていますか? 読み聞かせは習慣づけることがとっても重要です。絵本の読み聞かせは子どもを楽しませるだけではありません。絵本を通じて子どもは多くのことを学んでいきます。読み聞かせを習慣化すると、子どもにとって絵本や読書が身近なものになります。そのためにも、寝る前や歯磨きのあとなど時間を決めて同じタイミングで読み聞かせをしてください。

子どもが絵本を読まないときにはどうすればいい?

子どもたちの中には読み聞かせが苦手であったり、なかなか集中できない子どももいます。そんなときにはどうすればよいでしょうか。「絵本は子どもに選んでもらう」、「絵本を子ども向けアレンジする」「子どもを否定しない」の3つのポイントをそれぞれ詳しく解説していきます。子どもが絵本を読んでくれないときに、ぜひお役立てください。

絵本は子どもに選んでもらう

子どもが絵本を読んでくれないときには、子どもに絵本を選んでもらいましょう。5歳になると子どもにもしっかりと好みができてきます。絵本は保護者が選ぶよりも、子どもが読みたいものを優先してあげることが大切です。子どもにとっても、自分で選んだものなら読みたいという気持ちになりやすく、絵本に向き合ってくれます。

絵本を子ども向けにアレンジする

絵本の内容を子ども向けにアレンジすることもできます。例えば、絵本の登場人物の名前を子どもといっしょにします。このような、参加型の読み聞かせから始めることで、スムーズに絵本を読んでくれるようになります。したがって、子どもが聞くだけでなく参加できる本を選んでみることもおすすめします。

子どもを否定しない

いっしょに絵本を読んでいて、感想を言ったときに否定されると、もうこれ以上読みたくないという気持ちになります。ほかにも、子どもが選んだ本は否定せず必ず読んであげましょう。読み聞かせの最中にページをめくることを禁止しないことも大切です。このように子どもを否定せず肯定してあげることで、絵本に興味をもって楽しんでくれます。

名作がたくさん! 学研サイトで絵本を探そう

5歳の絵本選びに迷っている方や、もっと多くの絵本を知りたいという方は「学研出版サイト」の利用をおすすめします。参考書・書籍・雑誌・キャンペーンなど、各ジャンルから本を探すことができます。また、詳細検索では対象年齢(学年)でリサーチすることができ、お子さんの年齢にぴったり合った本が見つかります。「学研出版サイト」では今回紹介した絵本はもちろん、名作の絵本をたくさん取り扱っており、お探しだった本や読み聞かせしたい本がたくさんそろっています。ぜひご活用くださいね。

まとめ

5歳にもなると、小学校入学がもうすぐやってきて、その準備を考える時期になります。ですが、子どもの発達をきちんと見極めてあせらずじっくりと育ててあげることが大切です。

この記事では、5歳の子どもの絵本選びに困っている方に向けて、絵本を選ぶ基準や、5歳児に絵本を与えるメリット、おすすめの絵本5選を紹介してきました。ほかにもや読み聞かせをするときの注意点や子どもが絵本を読んでくれないときの対処法をポイントでわかりやすくお伝えしました。

記事の内容を上手に活用して、5歳のお子さんとの充実した読み聞かせの時間を過ごしてくださいね。

 

関連記事

マナビスタについて

マナビスタは学研グループの家庭学習応援サイトです。