Now Loading...

子育て

ボーク重子さんが指南! 「非認知能力」を育てるために、やってはいけないこととは?

ボーク重子さんが指南! 「非認知能力」を育てるために、やってはいけないこととは?

昨年から、小学校の通知表でも「主体的に学習に取り組む態度」を評価するようになりましたが、これからの時代に重要視されるのが、学力テストでは測れない「非認知能力」です。子どもの「非認知能力」を育てるために大事なこと、親がやってはいけないこととは? ライフコーチとして活躍する、ボーク重子さんにアドバイスをうかがいました。

「できない自分」を、子どもに感じさせないことが大事

私の仕事はライフコーチですが、実はコーチが絶対にやってはいけないことがあります。それが「問題解決」なんですね。コーチの仕事というのは、クライアントの話を聞いて、質問することによって、クライアント自らが答えを出すのをサポートすること。これって、子育ても同じではないでしょうか。大人が3分でできるのに、子どもだと10分、15分かかることはよくあります。園や学校に行く前の朝の時間は、それこそ戦争ですよね(笑)。でも、そこで「早くしなさい!」「ぐずぐずしない!」と叱っても、「問題解決」にはなりません。

ぐっとがまんして、親が待つ

「この程度でいいか」とハードルを下げる

起きる時間を早くする

など、親が工夫して乗り切りましょう。私は、子どもに「できない自分」を感じさせないことが、子育てにおいて非常に重要だと考えています。「早くしなさい!」と怒鳴られると、子どもは萎縮して、「できない自分」を感じてしまうんです。その結果、自己肯定感も下がってしまいます。

つい手を出したくなっても、ぐっとこらえて!

たとえば、ブロックでスポーツカーを組み立てていて、子どもがブレーキランプの部品をボンネットに付けてしまったとします。そのとき、「これはここじゃないよ、うしろに付けるものだよ」と言って親が手を出してしまうと、子どもが自分でやるべき「問題解決」を親がやってしまうことになる。しかも、たったひとつの正解を押し付けてしまうことにもなるんですね。

子どもが「いや、これ、前についているほうカッコいいよ」と言うなら、それでいいんです。むしろ、「ホントだ! カッコいい!」と、柔軟性や創造力をうんとほめてください。そうすることで、お子さんの達成感や自己肯定感も高まります。

つい手を出したくなっても、「違うよ、こうだよ」と正解を言いたくても、ぐっとがまんして、「問題解決はしない!」。これを心がけてみてください。

前回記事
子どもの創造性を引き出す、対話方法とは? こちら。

 

ボーク重子(ぼーく・しげこ)
ライフコーチ
Shigeko Bork BYBS Coaching LLC代表。全米や日本で子育てや教育に関する発信を行う。著書に『世界最高の子育て―「全米最優秀女子高生」を育てた教育法』(ダイヤモンド社)『「非認知能力」の育て方』(小学館)など。

マナビスタについて

マナビスタは学研グループの家庭学習応援サイトです。