Now Loading...

子育て

“非認知能力”の火付け役、ボーク重子さんが指南! 子どもの創造性を引き出す、対話方法とは?

“非認知能力”の火付け役、ボーク重子さんが指南! 子どもの創造性を引き出す、対話方法とは?

「非認知能力」という言葉をご存じでしょうか。非認知能力とは、テストの点数や偏差値のような数値化できる能力とは異なり、たとえば、好奇心ややり抜く力、自己肯定感、社会性など数値化できない能力のことこれからの時代に欠かせないとされ注目されています。その火付け役であり「全米最優秀女子高生の母」としても知られるボーク重子さんに、非認知能力を育てるためのヒントをうかがいました!

「自ら学んでいく力」がないと人生が止まってしまう⁉

これからの時代、子どもたちが「自ら学んでいく力」と「学びたいという気持ち」をもつことが、とても重要になってきます。なぜだと思いますか? 私たちがコロナ禍で痛感したように、数年先、世の中がいったいどうなるかわかりません。生活のあり方がどんどん変わっていますし、今ある職業がなくなるかもしれません。逆に、まったく新しい職業が突然生まれてくるかもしれません。

そこで重要になるのは、「これってなんだろう?」「もっと知りたい!」と好奇心をもって「自ら学んでいく力」今の子どもたちが社会人になるとき、企業に就職して定年まで勤めて老後は安泰……、といったライフプランは崩壊していると思います。時代に置いてけぼりにされないためには、常に自分をアップデートしていくことが必要です。学び続けていかないと人生が止まってしまう。そのぐらい世の中がすごいスピードで変わっています。

子どもの創造性を引き出すのは、問いかけ型の対話!

では、一生学び続けられる人になるにはどうすればいいか。粘り強く考えたり、失敗してもやり直したり、という「非認知能力」をはぐくむことが大切になってきます。そのために、まずは下記の2つのポイントをもとに子どもとの対話を見直してみましょう。

①問いかけ型の対話で

「〇〇しなさい」「これはこうやって」といった、上から目線の一方的な指示ではなく、「お母さんはこうやってみたけど、あなたはどう思う?」「あなただったら、どういうやり方でやってみる?」と、問いかけ型の提案がおすすめです。そして、子どもが何か答えたら、「それ、おもしろいね! なんでそう思ったのか、もうちょっと教えて!」と共感して、子どもからどんどん意見や考えを引き出して。

②「大人は正しい」という思い込みを捨てる

実際、私も、娘の話を聞いていて「確かに一理あるな」ということが、しょっちゅうありました。親が、「自分の意見が正しいとは限らない、ひとつの意見でしかない」という気持ちで接することで、子どもの創造的な発想が無限に広がっていきます。表現力も高まっていくと思いますよ。

 

次回は、「非認知能力を育てるために、やってはいけないこととは?」をお伝えします。
ぜひご覧ください。

ボーク重子(ぼーく・しげこ)

監修者:ボーク重子(ぼーく・しげこ)

ライフコーチ
Shigeko Bork BYBS Coaching LLC代表。全米や日本で子育てや教育に関する発信を行う。著書に『世界最高の子育て―「全米最優秀女子高生」を育てた教育法』(ダイヤモンド社)『「非認知能力」の育て方』(小学館)など。

マナビスタについて

マナビスタは学研グループの家庭学習応援サイトです。