お役立ち教育情報 パッと見でわかる! 今週の教育ニュース 2021.01.11

  • 保護者
  • 小学生
  • 中学生

2021.01.11

勉強や習い事、健康など、お子さんに関わる日々のニュースを知りたいけれど、「ゆっくりニュースをチェックしている暇なんてない…」という保護者のみなさんも多いはず。
このコーナーでは、そんな忙しいみなさんのために、最新の教育ニュースをたった3分でわかるように紹介していきます。

1人1台端末の早期納品要請。導入されると学びはどう変わる?

誰が? 萩生田文部科学大臣が
何を? 小・中学生に整備される1人1台の端末を
どうする? 1都3県を中心に早期納品を要請した

萩生田文科大臣は、1都3県に緊急事態宣言が発出されることで、今年度中に整備される予定の、小・中学生への1人1台の端末の納品を急ぐよう、関係各所に要請しました。今回の緊急事態宣言では、一斉休校は行わない方針ですが、やむを得ず登校できない児童生徒などに、オンライン学習で学びが継続できる環境を早めに整えるのが目的です。

教育のICT化を促進する「GIGAスクール構想」では、1人1台端末高速大容量の通信ネットワークの一体的な整備によって、児童生徒ひとりひとりのニーズや理解度に応じた、きめ細やかな指導や双方向の授業により、児童生徒も先生も最大限の力を発揮できる教育現場の実現を目指しています。また、学習内容や学習手段等の履歴が自動的に記録され、振り返りがしやすくなるなど、個別の児童生徒に最適な学習環境が手に入るなどのメリットも期待されています。

デジタル教科書の整備も急がれていますが、文科省によれば2024年度に本格導入を目指しています。

1人1台端末が導入されると学びはどう変わる?

  • 子どもひとりひとりのニーズや理解度に応じた指導が可能になる。
  • 学習履歴が自動的に記録され、振り返りがしやすくなる。
  • インターネット等で情報を収集し、取捨選択(編集)をする情報活用能力が求められる。
  • 児童生徒同士で、考えをリアルタイムで共有し、多様な意見に即時に触れられる。