お役立ち教育情報 子どもの文字がグンとうまくなる! かんたん美文字教室 第3回

  • 保護者
  • 小学生

2020.12.23

授業だけでなく、宿題や塾などでも文字を書く機会がグッと多くなる小学生。きれいな字が書けることは、学習効果を上げるのにも役立ちます。とくに算数では、数字を正しく、誰が見てもわかるように書くことがとても重要です。
今回は、ひらがなや漢字に比べて、書き方をじっくり習うことが少ない数字について、ペン字講師の萩原季実子先生に教えてもらいました。

第1回 正しい鉛筆の持ち方、姿勢などキレイな字を書く準備 
第2回 ひらがなを書いてみよう

第3回 数字を書いてみよう

第2回でも述べたように、ひらがなをデジタル文字で書くと、きれいには見えません。しかし、逆に数字の場合は、デジタル文字で書くのが正解。数字は記号と同じなので、丸みや直線のメリハリをつけることで、他の字と読み間違えることがなくなるのです。「1」なのか「7」なのか先生が判読できず算数のテストで×になる、なんて残念なことにならないよう、次の2つのポイントに注意して練習してみましょう。

[ポイント1]はじめとおわりをとめる

「1」や「7」が、カタカナの「ノ」や「ク」に読み間違えられてしまうのは、字の書き始めと書き終わりで力を抜いて、はらいを入れているから。最初と最後をピタッととめて書くだけで、はっきりとわかりやすいデジタル数字になります。

数字の1

[ポイント2]高さをそろえて書く

大きな桁や計算式などで数字を並べて書く場合、それぞれの文字の高さをそろえると、読みやすくきれいに見えます。罫線やマス目の入ったノートを使い、数字の上下の位置をそろえて書く練習をしてみましょう。また、数字は少し右斜めに倒して書くと、大人っぽい印象になります。ただし、小学生は倒さずまっすぐに書いたほうが読み間違いを防げるので、倒さず書くことをおすすめします。

足し算の書き方

これでやる気アップ!★ゲーム感覚でやってみよう!

「今日は1から10まで、同じ背の高さになるように書いてみよう!」「ママがこれから言う字を、きれいに全部書けるかな?」など、遊びの要素を取り入れた声がけをすると、子どもも楽しく取り組めますよ。

萩原季実子

萩原季実子(はぎはらきみこ)先生

ペン字講師。ペン字・筆ペン教室myMOJI(まいもじ)主宰。子どもの頃から手紙を書くことが趣味で、広告代理店・イベント企画会社の営業職時代、手書きの一筆箋やお礼状、封筒の宛名を独自の営業ツールとして、顧客獲得数1位などの華々しい営業成績を残す。2014年から自由が丘、表参道、渋谷などでペン字教室を開催。現在はオンライン講座もスタート。著書「誰でも一瞬で字がうまくなる 大人のペン字練習帳」シリーズ(アスコム)は累計20万部突破。1児の母。