TOP > 研究分野 >文教政策研究分野

研究分野

学研教育総合研究所 文教政策研究分野 業界団体や財団を通じて国の教育予算の情報収集と動向調査及び各自治体(都道府県、市町村)への啓発活動を行います。

研究領域とテーマ

  • ◯ 文部科学省を中心とした新しい事業に対する教育費(教材費)の調査研究
  • ◯ 地方分権における教育費(教材費)の予算に関する調査研究
  • ◯ 業界団体としての予算要望活動
  • ◯ 当社の教育誌の取材と文教市場への啓発活動

メッセージ

 今、教育界では一般、民間企業で当然のように行われている品質管理の手法であるPDCAサイクルの取り組みが盛んに行われ"教える教育"から"学ぶ教育"にさらに、その形が"見える教育"に変わり、具体的なエビデンスベースの"教育評価"が行われようとしています。

 "人を育てる教育"ですべてのことを適合させることは困難な事かもしれませんが、見える教育、エビデンスベースの教育評価は必要です。新しい取り組みは新しい事業を生み出します。産学官共同研究もずいぶん以前から言われており最近ではふえてまいりましたが、文教政策研究室もこの変革する教育界で新しい教育情報の収集とより良い教育環境作りの提案をし、文教市場の活性化に役立つ活動を行ってまいりたいと思っています。

▲このページのトップに戻る