TOP > 研究分野 >脳力開発研究分野

研究分野

学研教育総合研究所 脳力開発研究分野 乳幼児、児童、成年、高齢者に至るまでの高次脳機能マッピング研究と心理学を基礎に、諸課題に脳科学の成果を生かすシステム、プログラムの開発を行ないます。

研究領域とテーマ

  • ◯ 高齢者、中高年=認知症予防プログラム「脳元気タイム」の開発と、実践
  • ◯ 幼児・児童=頭の準備運動プログラムとしての仮称「脳準備体操」開発教具の開発
  • ◯ 一般=脳科学の基本を応用した脳活性本、教具の企画、出版への提案と寄与

メッセージ

 最近TVや新聞、雑誌で、脳科学に関する話題がとりあげられることが多くなりました。また、脳年齢がわかるゲームや脳を活性化するドリルが売れていることからも、脳科学は広い範囲で関心を引いているようです。ただし、ひとくちに脳科学といっても研究の領域は広く、脳細胞の一つだけの機能を研究している人や、解剖学からの研究、脳内神経伝達物質の研究、心理学や哲学まで巻き込んだ学際的な研究まであります。ですから、脳科学者のことばといっても、どの研究領域からの発言かを知っておく必要があります。

 当室では、東北大学:川島隆太教授の指導を受けながら人の脳高次機能を「近赤測定装置」で測る実験を行なってきました。とりわけ大脳の前頭前野を活性化するアクティビティが何かを研究し、そのアクティビティを高齢者施設などで実践して、脳機能が向上するかの実験を行なってきました。

関連トピックス

学研ムック『ぬり絵パズルで大人の脳活性』新感覚パズルで、楽しみながら脳いきいき
【書籍紹介】

「よく見て、選んで、ぬるだけ!」のかんたんパズル問題集である。

記憶や知識不要。子供やパズル初心者の遊びと思われがちだった点つなぎやぬり絵などの作業系パズルが、大人の脳機能を活性化させることを最新医療科学(fMRI)で検証した。

全30問に集中力、記憶力など前頭前野のどこに機能するかがわかる効果チャートと医学博士の解説つき。付録に世界遺産ぬり絵と青と緑の色数を増やしたオリジナル色鉛筆18色をセット。

A4判・48頁+付録/価格1,890円(税込)
詳しくはこちら


今月のキーワード

▲このページのトップに戻る