学研科学創造研究所は以下のような趣旨のもと、より多くの人たちに「科学」のほんとうの面白さや不思議さ、楽しさを伝えていくことを使命として設立されました。

設立趣旨

  • 科学技術の振興を目的とし、多くの人たちのへの科学技術、科学知識の普及をめざす。
  • 子どもも大人も感動できるような「科学する場」を提供する。
  • 「クリエイティブに科学する心」を持った人材の発掘や支援・育成を行う。

湯本所長からのメッセージ

所長近影

所長の湯本です。

学研科学創造研究所は、多くの人たちに「科学の楽しさ」「科学の面白さ」を知ってもらうために設立されました。 さまざまな科学に関する情報を発信していくとともに、私たちと一緒に、科学の啓蒙活動を行うことのできる人材の発掘や、その趣旨に賛同してくれる人たちとの情報交換の場を積極的に提供していきたいと考えています。

湯本博文(ゆもとひろふみ)

早稲田大学卒業後、(株)学習研究社入社。学年別科学雑誌「○年の科学」シリーズの企画・編集に携わり、「1年のかがく」、「4年の科学」、「5年の科学」の編集長を歴任後、「大人の科学」シリーズの開発を担当した。現在、学研科学創造研究所所長及び板橋区立教育科学館名誉館長。また、科学イベントや講演、TV番組の企画・出演など幅広く活動中。

学研科学創造研究所とは(情報分析研究室、科学普及活動研究室、科学事業室)
  • 湯本所長
    • 情報分析研究室
      科学に関する最新の情報とともに、科学の楽しさ・面白さを、多くの人と共有できる場を提供します。また、科学大好き人間のネットワークづくりを推進します。
    • 科学普及活動研究室
      教材(ふろく)を通して、学研の科学に関する歴史や活動内容、開発秘話、今後の活動につながる楽しくて斬新な実験アイテムやプログラムの開発を紹介し、その活動を支援していきます。
    • 科学教材研究室
      科学の普及・啓蒙活動として、様々なイベントや講演、工作教室など、幅広く企画から実施まで行っています。また、博物館・科学館の運営管理支援、体験装置や展示物および実験アイテムの製作も行っています。
    • 所長・・・湯本
      • 情報分析研究室
        科学の楽しさ・面白さを、多くの人と共有できる場を提供します。また、科学大好き人間のネットワークづくりを推進します。
      • 科学普及活動研究室
        これまでの実験イベントなどで、開発・考案された実験アイテムをデータベース化するとともに、学研が行っている内外の科学普及・啓蒙活動を紹介します。
      • 科学教材研究室
        教材(ふろく)を通して、学研の科学に関する歴史や業務内容、開発秘話、今後の活動につながる楽しくて斬新な実験アイテムやプログラムの開発を紹介し、その活動を支援していきます。

科学創造研究所の活動報告

講演・イベント
科学に関わる講演やイベント、工作教室などを行っています。
メディア
TV番組の企画や出演、新聞・雑誌の取材及び執筆に対応しています。
体験装置・展示物制作
博物館や科学館向けの装置や実験アイテムなどを製作しています。
博物館・科学館の管理・運営
より魅力的で集客能力のある施設の運営を目指しています。
ハンズオン-サイエンス
実験科学塾
本格的な実験教室でハンズオン教育を行っています。
ホームページ・PR本・ノベルティグッズ制作
ノウハウを生かした制作を承ります。
業務内容の詳細と最新情報はこちらをご覧ください。

学研科学創造研究所

〒141-8510
東京都品川区西五反田2-11-8
学研本社2F
03-6431-1398