公益財団法人 古岡奨学会

FURUOKA SCHOLARSHIP FOUNDATION

〒141-0031 東京都品川区西五反田8-3-13 フルオカビル10階
公益財団法人古岡奨学会事務局
TEL:03-5496-4361  FAX:03-5496-4360  MAIL:furuoka-s@gakken.co.jp
   

トピックス

奨学生の広場

先輩奨学生の皆様へ
現在、事務局からの通信が届いていない方は、メールまたは手紙で、事務局まで「住所」をご連絡願います。

一覧に戻る

全般

(公財)古岡奨学会は、第2回海外短期留学をニュージーランドで実施

2016年9月2日

8月5日から18日までニュージーランド島北島、首都ウエリントン近くのパーマストーンノース市の国際大学 IPU NZとその近郊の高校2校に分かれて、英語研修に加えてホームステイーで現地の家庭、高校生と交流をする事を主目的に行われた。

今年は昨年度応募者がなかった山梨県、富山県、福井県、鳥取県、島根県、徳島県を含め北は北海道から沖縄県まで48名(女34名、男14名)が選抜され、出発の前日5日に成田空港に集合し、自己紹介、大学の事前研修を行い事務局スタッフ全員に送られて猛暑の日本から真冬のニュージーランドに向かった。

  • 成田での結団式

到着した日から毎日晴天の連続で非常に幸運であった。
3日目の首都の国会議事堂訪問では丁度国会会期中で、国会質問の傍聴席にも入場できたのは、女性参政権が世界で最初に認められた国ならではの寛容なおもてなしであった。

  • 社会見学 国会議事堂

最近のニュージーランドは羊の数が減り、牛の数の激増しているが、羊の毛刈りの体験、マオリ文化の勉強、環境保護施設で保護鳥キュウイ観察、地元小学校訪問等、英語研修以外にも盛りだくさんの野外活動を行った。

  • IPUでの英語研修

  • 小学校で英語導入研修

国際大学IPUの寮で3泊、ホームスティー7泊、ホテル2泊,の日程では全国から選抜されら奨学生は寝る間も惜しんでお互いに交流し、有意義な留学生活を送った。

  • ホームステイー先家族と

  • 笑顔の修了証書授与1

  • 笑顔の修了証書授与2

お世話になった同大学の留学生バディにも参加してもらいました。

  • IPU NZ大学キャンパス内で学長と修了証書を持って全員集合写真

最終日、成田空港では涙涙の別れで、各自帰宅の途についた。

来年も短期留学を実施!!

37期生(今年1年生)対象 40名募集
今年10月に案内をします。ふるってご応募ください。

奨学生の広場

先輩奨学生の皆様へ
現在、事務局からの通信が届いていない方は、メールまたは手紙で、事務局まで「住所」をご連絡願います。