公益財団法人 古岡奨学会

FURUOKA SCHOLARSHIP FOUNDATION

〒141-0031 東京都品川区西五反田8-3-13 フルオカビル10階
公益財団法人古岡奨学会事務局
TEL:03-5496-4361  FAX:03-5496-4360  MAIL:furuoka-s@gakken.co.jp
   

事業紹介

奨学生の広場

先輩奨学生の皆様へ
現在、事務局からの通信が届いていない方は、メールまたは手紙で、事務局まで「住所」をご連絡願います。

奨学金給与

 毎年度新学期に、高等学校へ入学する者の中から、母子家庭の子女で経済的な理由で、高等学校での修業が困難と認められる者、向上心をもって勉学に勤しもうとする志操堅固の者に対し、在学中の学費の一部を給与し、国家社会に貢献し得る人材の育成に寄与する事業のため奨学金を給与する。

受給者1名当たり(29年4月度より)

  年間給与額 その他 合計額
(38期生)第1学年 180,000円(15,000円×12ヶ月) 50,000円(入学祝い金) 230,000円
(37期生)第2学年 180,000円(15,000円×12ヶ月) 50,000円(修学旅行補助金) 230,000円
(36期生)第3学年 180,000円(15,000円×12ヶ月) 50,000円(卒業祝い金) 230,000円
(37期生)1年生
年間給与額 180,000円
(15,000円×12ヶ月)
その他 50,000円(入学祝い金)
合計額 230,000円
(36期生)2年生
年間給与額 180,000円
(15,000円×12ヶ月)
その他 50,000円(修学旅行補助金)
合計額 230,000円
(35期生)3年生
年間給与額 180,000円
(15,000円×12ヶ月)
その他 50,000円(卒業祝い金)
合計額 210,000円
  • 全額無償給与(返済の義務はありません)
  • 奨学金は、その年額を3回に分け、毎年5月・9月・1月の一定日に、ゆうちょ銀行総合口座に振り込み送金します。

現況(平成29年4月現在)

在学高校生
1年/319名  2年/320名  3年/293名  計932名
奨学生累計総数
7,937名(1期~38期生)
県別・奨学生累計総数
地域 奨学生数 地域 奨学生数 地域 奨学生数
北海道 368 長 野 141 岡 山 141
青 森 123 富 山 94 広 島 183
秋 田 95 石 川 95 山 口 115
山 形 94 福 井 95 香 川 97
岩 手 117 静 岡 221 徳 島 97
宮 城 180 愛 知 302 愛 媛 125
福 島 158 岐 阜 132 高 知 105
群 馬 123 三 重 100 福 岡 357
栃 木 112 滋 賀 97 佐 賀 96
茨 城 159 京 都 184 長 崎 149
千 葉 261 奈 良 104 大 分 116
埼 玉 264 大 阪 404 宮 崎 125
神奈川 363 和歌山 97 熊 本 163
東 京 469 兵 庫 338 鹿児島 158
山 梨 97 鳥 取 95 沖 縄 158
新 潟 176 島 根 94 合 計 7,937

県別・奨学生累計総数

  • 北海道(352)
  • 青 森(118)
  • 秋 田(92)
  • 山 形(91)
  • 岩 手(110)
  • 宮 城(168)
  • 福 島(150)
  • 群 馬(118)
  • 栃 木(108)
  • 茨 城(153)
  • 千 葉(250)
  • 埼 玉(251)
  • 神奈川(349)
  • 東 京(453)
  • 山 梨(93)
  • 新 潟(171)
  • 長 野(136)
  • 富 山(91)
  • 石 川(92)
  • 福 井(92)
  • 静 岡(212)
  • 愛 知(290)
  • 岐 阜(128)
  • 三 重(97)
  • 滋 賀(93)
  • 京 都(178)
  • 奈 良(100)
  • 大 阪(387)
  • 和歌山(93)
  • 兵 庫(325)
  • 鳥 取(92)
  • 島 根(92)
  • 岡 山(136)
  • 広 島(176)
  • 山 口(110)
  • 香 川(94)
  • 徳 島(93)
  • 愛 媛(119)
  • 高 知(101)
  • 福 岡(344)
  • 佐 賀(92)
  • 長 崎(143)
  • 大 分(111)
  • 宮 崎(119)
  • 熊 本(153)
  • 鹿児島(152)
  • 沖 縄(150)

その他の事業

入学激励会兼説明会

 3月~4月頃に、新一年生を対象に行います。
 各都道府県の顧問(連絡事務所)の先生方のご協力を得て、その地区にあった方法で開催をしています。高等学校を会場にした激励会、一堂に集まっての集合激励会、入学生と卒業生が一堂に集まった合同激励会と多様で、全国約90の会場で実施されます。

 それぞれに奨学生認定書、入学お祝い金、記念品として電子辞書・辞典2冊を贈呈し、3年間の奨学金の受け取り方法の説明を実施します。

高等学校での入学激励会

  • 秋田県

    秋田県

  • 岡山県

    岡山県

新入生が一堂に集合しての入学激励会

  • 福岡県集合激励会

    福岡県集合激励会

卒業激励会

 1月~3月に、卒業生を対象に行われます。
 激励会の形式は、奨学生の通う「高等学校」を会場にした激励会、一堂に集まっての集合激励会、卒業生・入学生が一堂に会しての合同激励会、等々その地区にあった形式で、各都道府県の顧問により開催されます。全国約100の会場で開催されます。

記念品等の贈呈

  • 初代理事長の色紙
  • 記念品(スマートペン + 実用書2冊)
  • 卒業文集 他

高等学校での卒業激励会

  • 大分県

    大分県

  • 福岡県

    福岡県

卒業・入学激励会を合同で開催

ここ数年、奨学生の多い都道府県では、卒業激励会と入学激励会を同時合同開催するところが増えてきました。
卒業する先輩の言葉や姿を見て3年後の自分を夢見ることや先輩からのアドバイスも受けられ好評です。奨学生間の相互刺激だけではなく、母親間の意見交流などのメリットがあります。

北海道

  • 卒業・入学激励会 スナップ

    会を代表して挨拶する黒崎事務局長

  • 第35期卒業生

    第35期卒業生

  • 第38期入学生

    第38期入学生

東京都

  • 東京都集合激励会 スナップ 卒業生からの一言

    東京都集合激励会場全体の様子

  • 奨学生からお母さんへ花束贈呈 「お母さん3年間ありがとう」

    会代表の挨拶をする宮原理事長

  • 第35期卒業生

    第35期卒業生

  • 第38期入学生   リラックスして笑顔でポーズ

    第38期入学生 リラックスして笑顔でポーズ

ブロックでの卒業・入学激励会の開催

東海ブロック

愛知県・岐阜県・三重県合同で入学・激励会を今年初めての取り組みとして開催しました。
各県から中学校長会の先生方にもご臨席いただき、厳粛な中にも心温まる激励会になりました。地域での交流が活発になることを期待しています。

  • 主催者挨拶

    会場全体の様子

  • 第35期卒業生

    第35期卒業生

  • 第38期入学生

    第38期入学生

(公財)古岡奨学会 「奨学生の集い」

今年は、三会場で開催 3/26沖縄県・5/28首都圏・8/27中国四国ブロック

1. 沖縄県で35期生卒業を祝う会・38期生入学を祝う会と同時開催で、OB・OGにもご参加いただき「奨学生の集い」が盛大に開催されました。この集いは、35周年記念の一環として全国各地区で開催しているものです。

沖縄県「奨学生の集い」

日 時

平成29年3月26日(日)

場 所

那覇セントラルホテル プルメリア

出席者

奨学生OB・OG23名、現役奨学生20名、母親41名  計84名
沖縄県母子寡婦福祉連合会 会長、副会長、地区会長  15名
沖縄県顧問 多和田、宮城、与那覇元顧問、永山顧問  4名
学研ホールディングス 木村 路則常務取締役   1名
事務局 丸山常務理事、黒崎事務局長、西島事務局次長  3名

 合計107名の参加でした。
主催者挨拶
  • 主催者挨拶 丸山常務理事

    主催者挨拶 丸山常務理事

  • 来賓ご挨拶 母子寡婦連 与那嶺会長

    来賓ご挨拶 母子寡婦連 与那嶺会長

  • 祝いの舞

    祝いの舞

  • 繁盛節

    繁盛節

内容
体験発表

社会人 徳村さん、山田さん 大学生 砂川さん、大濱さん、西銘さん  に、発表いただき、参加者の感動を呼びました。

名刺交換ゲーム

仲間作りのゲームを通じて、お互いを理解し、夢を語り合い、再会を誓い合いました。

  • 母子寡婦連の役員と黒崎事務局長

    母子寡婦連の役員と黒崎事務局長

首都圏・山梨県・新潟県・静岡県「奨学生の集い」

日時

平成29年5月28日(日) 11:00~15:30

場所

五反田TOCビル 13階 134・135号室

招待対象

群馬県・栃木県・茨城県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・新潟県・静岡県 以上10道県の22期生~35期生の(OB・OG奨学生)、36期生~38期生(現役生)と他府県出身者で首都圏で生活している方とお母さん

当日の出席者:OB・OG奨学生 49名、現役奨学生 73名、母親 81名 奨学会事務局 7名 合計210名

主催者挨拶
  • 主催者 丸山常務理事挨拶

  • 現況報告 黒崎事務局長

受付・二部の司会進行をしていただいたボランティアの方々
  • 左から野田さん、神宮司さん、平原さん、杉本さん、朝山さん、
    斉藤さん、森島さん、石嶋さん
    皆さんご協力有難うございました。

内容
第一部
講演会

講 師:京都永観堂禅林寺 中西 玄禮法主  全国仏教会副会長
『感謝』

NHK放送の「こころの時代」での対談放送が大変好評でした。
企業・経済団体・学校・PTA等々の講演でご活躍です。

「三福田である敬田、恩田、悲田を心に留め、これからの人生において、感謝を忘れずに生活してください。
 多くの方々からいただく恩を恩送りできるように、お元気でご活躍ください。」
と具体例を示されながら、わかりやすくお話をいただきました。

  • 講演をいただく中西 玄禮法主

  • 講演に聞き入る会場の皆さん

講演内容の詳細は、10月発行の「奨学ライフ」(42号)に掲載します。
ご期待ください。

講演後の皆さんの感謝のメッセージです。
今年は、中西先生揮毫による色紙に皆さんの記念メッセージを残していただきました。

  • 他府県・群馬県・栃木県・茨城県の皆さん

  • 埼玉県の皆さん

  • 千葉県の皆さん

  • 東京都の皆さん

  • 神奈川県・山梨県の皆さん

  • 新潟県・静岡県の皆さん

第二部
会食会・懇談会
  • 会食会場

  • メニューも盛りだくさんです。

懇親会では、2名の方に体験発表をしていただきました。

  • 馬場 まりこさん(33期生)

  • 野崎 周平さん(30期生)

名刺交換ゲーム

  • 大学生との名刺交換

  • 高校生女子頑張る

  • OB奨学生頑張る

  • 中西先生に相談ごと

集合写真
各県にわかれて記念写真
  • 他府県・群馬・栃木・茨城県の皆さん

  • 埼玉県の皆さん

  • 千葉県の皆さん

  • 東京都の皆さん

  • 神奈川県・山梨県の皆さん

  • 新潟県・静岡県の皆さん

お開きに、皆で自分に拍手! 拍手!

奨学生の皆さん 楽しかったですね。また来年お会いしましょう。

クリスマス・カードの送呈

クリスマス・カードの送呈

  • 12月に在校生・卒業生の全ての方にお送りしています。
  • クリスマスのお祝いと新年の挨拶として理事長・副理事長のメッセージを入れお送りしています。

卒業記念文集「奨学」を発行

卒業記念文集「奨学」を発行

  • 1月に卒業生に贈呈しています。
  • 卒業する全国の奨学生が、3年間の思い出を綴った文集です。
    毎年、理事長や理事、評議員の先生方の心温まる餞の言葉をいただき好評です。
  • 長く記念として保存していただいています。

在学生・OB交歓紙「奨学ライフ」の発刊

在学生・OB交歓紙「奨学ライフ」の発刊

  • 1月 全国の奨学生OB・OGからの年賀状を基に編集し「年賀状特集」として発行
  • 6月 在校生の進級、進学を基に編集し「進級特集号」として発行
  • 10月 在校生、OB・OG・お母様からのお便りを中心に編集し発行

教育相談

随時、在校生を対象に実施しています。
全国各都道府県に在住の顧問に担当していただいています。
顧問は、元小学校、中学校の管理職を経験された先生方です。
「自分一人で悩まない」「誰かに相談する」をモットーにしています。

海外短期留学

(公財)古岡奨学会設立35周年を記念して、海外短期留学の制度がスタートし、大きな成果をあげました。
本年も平成29年8月6日~19日の期間でニュージーランドへの第三回短期留学を実施します。選考した52名に参加いただきます。 

公益財団法人 古岡奨学会における「個人情報」への取り組み

公益財団法人 古岡奨学会は、奨学助成事業に携わる者としての社会的責任上、関連法令の遵守に万全を尽くします。

奨学生の広場

先輩奨学生の皆様へ
現在、事務局からの通信が届いていない方は、メールまたは手紙で、事務局まで「住所」をご連絡願います。