公益財団法人 古岡奨学会

FURUOKA SCHOLARSHIP FOUNDATION

〒141-0031 東京都品川区西五反田8-3-13 フルオカビル10階
公益財団法人古岡奨学会事務局
TEL:03-5496-4361  FAX:03-5496-4360  MAIL:furuoka-s@gakken.co.jp
   

事業紹介

奨学生の広場

先輩奨学生の皆様へ
現在、事務局からの通信が届いていない方は、メールまたは手紙で、事務局まで「住所」をご連絡願います。

奨学金給与

 毎年度新学期に、高等学校へ入学する者の中から、母子家庭の子女で経済的な理由で、高等学校での修業が困難と認められる者、向上心をもって勉学に勤しもうとする志操堅固の者に対し、在学中の学費の一部を給与し、国家社会に貢献し得る人材の育成に寄与する事業のため奨学金を給与する。

受給者1名当たり(28年4月度より)

  年間給与額 その他 合計額
(37期生)第1学年 180,000円(15,000円×12ヶ月) 50,000円(入学祝い金) 230,000円
(36期生)第2学年 180,000円(15,000円×12ヶ月) 50,000円(修学旅行補助金) 230,000円
(35期生)第3学年 180,000円(15,000円×12ヶ月) 30,000円(卒業祝い金) 210,000円
(37期生)1年生
年間給与額 180,000円
(15,000円×12ヶ月)
その他 50,000円(入学祝い金)
合計額 230,000円
(36期生)2年生
年間給与額 180,000円
(15,000円×12ヶ月)
その他 50,000円(修学旅行補助金)
合計額 230,000円
(35期生)3年生
年間給与額 180,000円
(15,000円×12ヶ月)
その他 50,000円(卒業祝い金)
合計額 210,000円
  • 全額無償給与(返済の義務はありません)
  • 奨学金は、その年額を3回に分け、毎年5月・9月・1月の一定日に、ゆうちょ銀行総合口座に振り込み送金します。

現況(平成28年4月現在)

在学高校生
1年/322名  2年/296名  3年/296名  計914名
奨学生累計総数
7,618名(1期~36期生)
県別・奨学生累計総数
地域 奨学生数 地域 奨学生数 地域 奨学生数
北海道 352 長 野 136 岡 山 136
青 森 118 富 山 91 広 島 176
秋 田 92 石 川 92 山 口 110
山 形 91 福 井 92 香 川 94
岩 手 110 静 岡 212 徳 島 93
宮 城 168 愛 知 290 愛 媛 119
福 島 150 岐 阜 128 高 知 101
群 馬 118 三 重 97 福 岡 344
栃 木 108 滋 賀 93 佐 賀 92
茨 城 153 京 都 178 長 崎 143
千 葉 250 奈 良 100 大 分 111
埼 玉 251 大 阪 387 宮 崎 119
神奈川 349 和歌山 93 熊 本 153
東 京 453 兵 庫 325 鹿児島 152
山 梨 93 鳥 取 92 沖 縄 150
新 潟 171 島 根 92 合 計 7,618

県別・奨学生累計総数

  • 北海道(352)
  • 青 森(118)
  • 秋 田(92)
  • 山 形(91)
  • 岩 手(110)
  • 宮 城(168)
  • 福 島(150)
  • 群 馬(118)
  • 栃 木(108)
  • 茨 城(153)
  • 千 葉(250)
  • 埼 玉(251)
  • 神奈川(349)
  • 東 京(453)
  • 山 梨(93)
  • 新 潟(171)
  • 長 野(136)
  • 富 山(91)
  • 石 川(92)
  • 福 井(92)
  • 静 岡(212)
  • 愛 知(290)
  • 岐 阜(128)
  • 三 重(97)
  • 滋 賀(93)
  • 京 都(178)
  • 奈 良(100)
  • 大 阪(387)
  • 和歌山(93)
  • 兵 庫(325)
  • 鳥 取(92)
  • 島 根(92)
  • 岡 山(136)
  • 広 島(176)
  • 山 口(110)
  • 香 川(94)
  • 徳 島(93)
  • 愛 媛(119)
  • 高 知(101)
  • 福 岡(344)
  • 佐 賀(92)
  • 長 崎(143)
  • 大 分(111)
  • 宮 崎(119)
  • 熊 本(153)
  • 鹿児島(152)
  • 沖 縄(150)

その他の事業

入学激励会兼説明会

 3月~4月頃に、新一年生を対象に行います。
 各都道府県の顧問(連絡事務所)の先生方のご協力を得て、その地区にあった方法で開催をしています。高等学校を会場にした激励会、一堂に集まっての集合激励会、入学生と卒業生が一堂に集まった合同激励会と多様で、全国約90の会場で実施されます。

 それぞれに奨学生認定書、入学お祝い金、記念品として電子辞書・辞典2冊を贈呈し、3年間の奨学金の受け取り方法の説明を実施します。

高等学校での入学激励会

  • 秋田県

    秋田県

  • 岡山県

    岡山県

新入生が一堂に集合しての入学激励会

  • 福岡県集合激励会

    福岡県集合激励会

卒業激励会

 1月~3月に、卒業生を対象に行われます。
 激励会の形式は、奨学生の通う「高等学校」を会場にした激励会、一堂に集まっての集合激励会、卒業生・入学生が一堂に会しての合同激励会、等々その地区にあった形式で、各都道府県の顧問により開催されます。全国約100の会場で開催されます。

記念品等の贈呈

  • 初代理事長の色紙
  • 記念品(スマートペン + 実用書2冊)
  • 卒業文集 他

高等学校での卒業激励会

  • 大分県

    大分県

  • 福岡県

    福岡県

卒業・入学激励会を合同で開催

ここ数年、奨学生の多い都道府県では、卒業激励会と入学激励会を同時合同開催するところが増えてきました。
卒業する先輩の言葉や姿を見て3年後の自分を夢見ることや先輩からのアドバイスも受けられ好評です。奨学生間の相互刺激だけではなく、母親間の意見交流などのメリットがあります。

  • 卒業・入学激励会 スナップ

    卒業・入学激励会 スナップ

  • 第34期卒業生

    第34期卒業生

  • 第37期入学生

    第37期入学生

東京都

  • 東京都集合激励会 スナップ 卒業生からの一言

    東京都集合激励会 スナップ
    卒業生からの一言

  • 奨学生からお母さんへ花束贈呈 「お母さん3年間ありがとう」

    奨学生からお母さんへ花束贈呈
    「お母さん3年間ありがとう」

  • 第34期卒業生

    第34期卒業生

  • 第37期入学生   リラックスして笑顔でポーズ

    第37期入学生 リラックスして笑顔でポーズ

ブロックでの卒業・入学激励会の開催

東海ブロック

愛知県・岐阜県・三重県合同で入学・激励会を今年初めての取り組みとして開催しました。
各県から中学校長会の先生方にもご臨席いただき、厳粛な中にも心温まる激励会になりました。地域での交流が活発になることを期待しています。

  • 主催者挨拶

    主催者挨拶

  • 第34期卒業生

    第34期卒業生

  • 第37期入学生

    第37期入学生

(公財)古岡奨学会 「奨学生の集い」

今年は、二会場で開催(一会場は、8月28日仙台で開催予定)
第一は、首都圏・山梨県・新潟県・静岡県「奨学生の集い」として以下の要領にて開催しました。従来の第13回目の「首都圏OB・OG会」はこの中に入れた開催になりました。

首都圏・山梨県・新潟県・静岡県「奨学生の集い」

日時

平成28年5月29日(日)  11:00〜15:30

場 所

学研ビル 3階 イベントホール、13階 懇親会場

招待対象

群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、新潟県、静岡県の22期生~34期生(OB・OG奨学生)、35期生~37期生(現役生)と他県出身者で首都圏で生活をしている方とその母親

当日の出席者:OB・OG生45名、現役生75名、母親87名、講師1名、奨学会事務局7名、学研関係者等5名
計219名

主催者挨拶
  • 主催者 丸山常務理事挨拶

    主催者 丸山常務理事挨拶

  • 古岡奨学会の現況報告 黒崎事務局長

    古岡奨学会の現況報告 黒崎事務局長

  • 受付・二部の司会をしていただいたOB・OGの方々 左から、伊藤 祐太、山本 菜々、佐野 航、海野 琴巴、杉本 優奈、稲穂 春樹の皆さん  有難うございました。

    受付・二部の司会をしていただいたOB・OGの方々
    左から、伊藤 祐太、山本 菜々、佐野 航、海野 琴巴、杉本 優奈、稲穂 春樹の皆さん   有難うございました。

内容
第一部
講演会

講 師:認定NPO法人 ロシナンテス 理事長 川原 尚行氏
『ひとりはみんなの為に、みんなは一人の為に ~スーダンに「医」を届ける~』
「九州大学医学部卒業。九州大学臨床大学院(生化学)を修了し博士号を取得。外務省在タンザニア日本大使館で医務官兼二等書記官・在スーダン日本大使館で医療支援活動中体験した医療環境の悪さ、その対応の限界を知り、外務省を辞職。スーダンで医療支援活動を開始し、2006年福岡県北九州市にNPO法人「ロシナンテス」を設立。その過程を映像入りで講演。いまお一人、お一人が貢献できる行動をしてほしい旨、熱っぽく話されました。」

  • 講演中の川原 尚行氏

    講演中の川原 尚行氏

  • 会場満員。講演に聞き入る参加者

    会場満員。講演に聞き入る参加者

詳細は、10月発行の「奨学ライフ」(39号)に掲載予定です。ご期待ください。

第二部
会食会・懇談会

懇親会では、6名の方に体験発表をしていただき、参加者の皆さんには大変参考になりました。

  • 会食会場風景

    会食会場風景

  • 熱のこもった体験発表 土屋 梢さん(27期)

    熱のこもった体験発表
    土屋 梢さん(27期)

体験発表をしていただいた皆さん
  • 保科 智彦さん(24期生)

    保科 智彦さん(24期生)

  • 石井 友規さん(27期生)

    石井 友規さん(27期生)

  • 林 香利さん(27期生)

    林 香利さん(27期生)

  • 沖田 尚久さん(28期生)

    沖田 尚久さん(28期生)

  • 安田 光児さん(32期生)

    安田 光児さん(32期生)

  • (自主懇親会を提案する)杉本 優奈さん(33期生)

    (自主懇親会を提案する)
    杉本 優奈さん(33期生)

体験発表内容は、10月発行の奨学ライフ(39号)に掲載いたします。
会食会をはさみ自己紹介代わりに、名刺交換ゲームで互いに情報の交換をし、大変盛り上がりました。
現役生 1年生若草色/2年生は、黄色/3年生  淡い青色、  OB・OGは、白色  母親は、薄いピンクの名刺で名刺交換がスムーズに行えるように工夫しました。

  • 親子で名刺交換

    親子で名刺交換

  • 体験談発表者との名刺交換

    体験談発表者との名刺交換

名刺交換
  • 講師との談笑

    講師との談笑

  • 友達になりましょ!!

    友達になりましょ!!

  • こんにちは。どうぞよろしく。

    こんにちは。どうぞよろしく。

  • 欠席者のメッセージを伝える司会者

    欠席者のメッセージを伝える司会者

  • 会食会スナップ

    会食会スナップ

  • じっくり名刺交換

    じっくり名刺交換

集合写真
各県にわかれて記念写真
  • 他府県・群馬・栃木・茨城県の皆さん

  • 埼玉県・千葉県の皆さん

  • 東京都の皆さん

  • 神奈川県・山梨県の皆さん

  • 新潟県・静岡県の皆さん

奨学生の皆さん!
    楽しかったね。また来年会おうね。

東北ブロック「奨学生の集い」

招待対象

青森県・秋田県・山形県・岩手県・宮城県・福島県
20期生~34期生(OB・OG奨学生)
35期生~37期生(現役生) 母親同伴歓迎です。

日 時

平成28年8月28日(日)11:00~14:30

場 所

仙台ガーデンパレス 2階 鳳凰の間

講 演

城戸 真亜子氏 「今、やらなくて いつやるの?!」

  • 城戸 真亜子氏

沢山の方のご参加をお待ちしております。

クリスマス・カードの送呈

クリスマス・カードの送呈

  • 12月に在校生・卒業生の全ての方にお送りしています。
  • クリスマスのお祝いと新年の挨拶として理事長・副理事長のメッセージを入れお送りしています。

卒業記念文集「奨学」を発行

卒業記念文集「奨学」を発行

  • 1月に卒業生に贈呈しています。
  • 卒業する全国の奨学生が、3年間の思い出を綴った文集です。
    毎年、理事長や理事、評議員の先生方の心温まる餞の言葉をいただき好評です。
  • 長く記念として保存していただいています。

在学生・OB交歓紙「奨学ライフ」の発刊

在学生・OB交歓紙「奨学ライフ」の発刊

  • 1月 全国の奨学生OB・OGからの年賀状を基に編集し「年賀状特集」として発行
  • 6月 在校生の進級、進学を基に編集し「進級特集号」として発行
  • 10月 在校生、OB・OG・お母様からのお便りを中心に編集し発行

教育相談

随時、在校生を対象に実施しています。
全国各都道府県に在住の顧問に担当していただいています。
顧問は、元小学校、中学校の管理職を経験された先生方です。
「自分一人で悩まない」「誰かに相談する」をモットーにしています。

海外短期留学

(公財)古岡奨学会設立35周年を記念して、海外短期留学の制度が昨年スタートし、大きな成果をあげました。
本年もニュージーランドへの第二回短期留学を実施します。選考した48名に参加いただきます。 

公益財団法人 古岡奨学会における「個人情報」への取り組み

公益財団法人 古岡奨学会は、奨学助成事業に携わる者としての社会的責任上、関連法令の遵守に万全を尽くします。

奨学生の広場

先輩奨学生の皆様へ
現在、事務局からの通信が届いていない方は、メールまたは手紙で、事務局まで「住所」をご連絡願います。