〒141-0031 東京都品川区西五反田8-3-13 フルオカビル10階
公益財団法人古岡奨学会事務局
TEL:03-5496-4361  FAX:03-5496-4360  MAIL:furuoka-s@gakken.co.jp

事業紹介

奨学生の広場

トピックス

掲示板

先輩奨学生の皆様へ
現在、事務局からの通信が届いていない方は、メールまたは手紙で、事務局まで「住所」をご連絡願います。

奨学金給与

  •  毎年度新学期に、高等学校へ入学する者の中から、母子家庭の子女で経済的な理由で、高等学校での修業が困難と認められる者、向上心をもって勉学に勤しもうとする志操堅固の者に対し、在学中の学費の一部を給与し、国家社会に貢献し得る人材の育成に寄与する事業のため奨学金を給与する。

  • 受給者1名当たり(27年4月度より)

      年間給与額 その他 合計額
    (37期生)
    第1学年
    180,000円(15,000円×12ヶ月) 50,000円(入学祝い金) 230,000円
    (36期生)
    第2学年
    180,000円(15,000円×12ヶ月) 50,000円(修学旅行補助金) 230,000円
    (35期生)
    第3学年
    180,000円(15,000円×12ヶ月) 30,000円(卒業祝い金) 210,000円
    • 全額無償給与(返済の義務はありません)
    • 奨学金は、その年額を3回に分け、毎年5月・9月・1月の一定日に、ゆうちょ銀行総合口座に振り込み送金します。
  • 現況(平成27年4月現在)

    • 在学高校生  1年/299名  2年/299名  3年/235名  計833名
    • 奨学生累計総数  7,296名(1期~36期生)
    県別・奨学生累計総数
    地域 奨学生数 地域 奨学生数 地域 奨学生数
    北海道 336 長 野 131 岡 山 131
    青 森 113 富 山 88 広 島 168
    秋 田 89 石 川 89 山 口 105
    山 形 88 福 井 89 香 川 91
    岩 手 103 静 岡 204 徳 島 89
    宮 城 156 愛 知 278 愛 媛 113
    福 島 142 岐 阜 124 高 知 97
    群 馬 113 三 重 93 福 岡 331
    栃 木 104 滋 賀 89 佐 賀 88
    茨 城 147 京 都 172 長 崎 137
    千 葉 239 奈 良 96 大 分 106
    埼 玉 238 大 阪 370 宮 崎 113
    神奈川 335 和歌山 89 熊 本 146
    東 京 433 兵 庫 312 鹿児島 146
    山 梨 89 鳥 取 89 沖 縄 136
    新 潟 166 島 根 89 合 計 7,296

    ↑このページのトップにもどる

その他の事業

  • 入学激励会兼説明会

     3月~4月頃に、新一年生を対象に行います。
     各都道府県の顧問(連絡事務所)の先生方のご協力を得て、その地区にあった方法で開催をしています。高等学校を会場にした激励会、一堂に集まっての集合激励会、入学生と卒業生が一堂に集まった合同激励会と多様で、全国約90の会場で実施されます。

     それぞれに奨学生認定書、入学お祝い金、記念品として電子辞書・辞典2冊を贈呈し、3年間の奨学金の受け取り方法の説明を実施します。

  • 高等学校での入学激励会

    群馬県での激励会

    和歌山県での激励会

    岡山県での激励会

    鹿児島県での激励会

  • 新入生が一堂に集合しての入学激励会

    東海地区3県合同入学激励会

    福岡県集合激励会

    新入生、卒業生合同の激励会(東京都合同激励会)

    沖縄県合同激励会

  • 卒業激励会

     1月~3月に、卒業生を対象に行われます。
     激励会の形式は、奨学生の通う「高等学校」を会場にした激励会、一堂に集まっての集合激励会、卒業生・入学生が一堂に会しての合同激励会、等々その地区にあった形式で、各都道府県の顧問により開催されます。全国約100の会場で開催されます。

  • 記念品等の贈呈

    • 初代理事長の色紙
    • 記念品(スマートペン + 実用書2冊)
    • 卒業文集 他

  • 高等学校での卒業激励会

    山形県での激励会

    福島県での卒業激励会

    香川県での激励会

    佐賀県での卒業激励会

  • 集合での卒業激励会

    北海道での集合激励会

    兵庫県での集合激励会

    愛知県の卒業激励会

     

    ↑このページのトップにもどる

  • (公財)古岡奨学会 「奨学生の集い」

    35周年記念「OB・OG及び現役奨学生」の集いを昨年に引き続き、今年も二地区で開催しました。
    昨年開催できなかった山梨県・新潟県を首都圏・山梨県・新潟県「奨学生の集い」として以下の要領にて開催しました。従来の「首都圏OB・OG会」はこの中に入れた開催になりました。

  • 首都圏・山梨県・新潟県「奨学生の集い」

    日 時
    平成27年6月7日(日)  11:00~15:30
    場 所
    ゆうぽうと 7階
    招待対象
    群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、新潟県の21期生~33期生(OB・OG奨学生)、34期生~36期生(現役生)と他県出身者で首都圏で生活をしている方
    当日の出席者:現役生68名、OB・OG生51名、母親55名、講師1名、奨学会事務局7名、他学研関係者2名計184名
    主催者挨拶

    主催者 丸山常務理事挨拶

    奨学会の現状を報告する黒崎事務局長

    受付・二部の司会をしていただいたOB・OGの方々

    内 容
    第一部
    講演会
    講 師:荻野 文子氏 『18歳の選択 ~私の出会った高校生~』
    『大手予備校の講師をしている時の話。18歳になりどういう選択をし、どんな風に決断していくのか、若いエネールギーはすごいものだと、感心させられた何人か紹介します。
    K君:一念発起し、予備校の入学金をアルバイトで稼ぎ出し、見事に大学に合格、弟たちの将来の不安を払拭。出身高校でも大学受験の道筋をつけた頑張り屋さん。
    Fさん:視覚障害者で、自立するために必死になって講義に聞き入る姿の気高さ。「私を助けないでください。」と言い自立へと必死に頑張る受験生。この生徒さんの強い気持ちに打たれました。
    「思いをしっかり持てば、必ず道は開ける」と私は信じています。』

    講演中の荻野 文子先生

    会場満員。講演に聞き入る参加者

    詳細は、10月発行の「奨学ライフ」及び12月発行の「卒業文集34号」に掲載予定です。ご期待ください。

    第二部
    会食会・懇談会
    懇親会では、4名の方に体験発表をしていただき、参加者の皆さんには大変参考になりました。

    懇親会場風景

    熱のこもった体験発表

    また、会食会をはさみ自己紹介代わりに、名刺交換ゲームで互いに情報の交換をし、大変盛り上がりました。

    現役生は、若草色 OB・OGは、空色 母親は、薄いピンクの名刺で名刺交換がスムーズに行えるように工夫しました。

    名刺交換

    OGとお母さんとの名刺交換

    お母さん同士の名刺交換

    こんなに沢山友達できた。

    こんにちは。どうぞよろしく。

    欠席者のメッセージを伝える司会者

    初めまして!名刺交換

    携帯番号教えて。

    体験発表

    体験発表

    体験発表

    集合写真
    講師の荻野文子先生にもお入りいただき記念写真

    他府県・群馬・栃木・茨城県の皆さん

    千葉県の皆さん

    埼玉県の皆さん

    東京都の皆さん

    神奈川県の皆さん

    山梨県・新潟県の皆さん

    荻野先生、楽しいひと時を有難うございました。

    奨学生の皆さん!
    楽しかったね。また来年会おうね。

    ↑このページのトップにもどる

  • クリスマス・カードの送呈

    • 12月に在校生・卒業生の全ての方にお送りしています。
    • クリスマスお祝いと新年の挨拶として理事長・副理事長のメッセージを入れお送りしています。

  • 卒業記念文集「奨学」を発行

    • 1月に卒業生に贈呈しています。
    • 卒業する全国の奨学生が、3年間の思い出を綴った文集です。
      毎年、理事長や理事、評議員の先生方の心温まる餞の言葉をいただき好評です。

  • 在学生・OB交歓紙「奨学ライフ」の発刊

    • 1月 全国の奨学生OB・OGからの年賀状を基に編集し「年賀状特集」として発行
    • 6月 在校生の進級、進学を基に編集し「進学特集号」として発行
    • 10月 在校生、OB・OGの方からの便りを中心に編集し発行

  • 教育相談

    随時、在校生を対象に実施しています。
    全国各都道府県に在住の顧問(元小学校、中学校の管理職を経験された先生方です。)が担当していただいています。
    「自分一人で悩まない」「誰かに相談する」をモットーにしています。

  • 海外短期留学制度

    35周年記念事業の一環として、35期生(26年4月入学生)を対象として、海外短期留学制度が発足しました。

    対 象
    35期生
    募集期間
    9月~翌年2月末
    選考方法
    第三者機関による選考(エントリーシート、作文、成績等を参考にする)
    結果発表
    4月末 (応募者の自宅あて郵送にて通知します)
    選考人数
    40名 (本年の選考結果は、53名を選出しました)
    留学期間
    2015年8月2日~8月15日
    留学先
    ニュージーランド・パーマーストーンノース市にて実施
    費 用
    短期留学とそれに付随する費用(パスポート取得費等)は、奨学会が負担します。

    本年入学の36期生については、27年9月に対象奨学生にご案内いたします。

  • 北陸三県・長野県・「奨学生の集い」

    招待対象
    富山県・石川県・福井県・長野県
    21期生~33期生(OB・OG奨学生)
    34期生~36期生(現役生)
    日 時
    平成27年8月23日(日)11:00~14:30
    場 所
    金沢白鳥路 ホテル山楽
    講 演
    荻野 文子先生
    「18歳の選択」~私の出会った高校生~

公益財団法人 古岡奨学会における「個人情報」への取り組み

公益財団法人 古岡奨学会は、奨学助成事業に携わる者としての社会的責任上、関連法令の遵守に万全を尽くします。

↑このページのトップにもどる